ホームページ作成

優れたホームページの作成は日々の勉強から

ホームページ作成の仕事に就くためには、勉強が欠かせません。
基本的な知識の習得はもちろんのこと、最新の技術についても常に関心を持ち使いこなせるようにする努力が求められます。
これはすでに作成の現場で働いている人にも当てはまります。

インターネットの世界は技術革新が早く、ホームページ作成の分野においても新しいデザインやテクノロジーが次々と投入されています。
そんな中、いつまでも同じ技術にだけ頼っていては古臭い仕上がりとなってしまいます。
そしてそれはクライアントの要求に応えられないことにもなりかねませんので、仕事の中で技術について切磋琢磨していく必要があります。

これから作成の仕事に就くことを目指しているのであれば、まずは基本的な事柄についてマスターするようにします。

ホームページ作成において基本となるのはHTML言語ですので、これを覚えることから始めるとよいでしょう。

言語と言っても作りはシンプルなので、集中して覚えることで短期間で習得できるはずです。
一から学習するのであれば、HTMLで使われるタグの辞典を購入することをおすすめします。

各タグについてリファレンス形式で掲載されているので、最初から読むことで暗記するのに使える他、実務でも手元に置いておくことでさっと調べられるようになります。
タグに関しては大まかな枠組みを作るための、BODY、HEADなどをまずは覚えます。
構造化されているので、これらのタグが外側の大枠を構築していると考えてください。
さらにその内部をマークアップするタグを覚えていくと、理解が速くなります。

HTML言語をマスターしたなら、次に動的なサイトを作るための技術について学びます。
現在ホームページ作成で主流となっているのは、JavaScriptと呼ばれる言語です。
コンパイルすることなくプログラムを実行できるこの言語は、C言語に近い見た目で習得しやすいのが特徴です。

さらにホームページのデザインを担当する、CSSについても習得します。
特にCSSはスマートフォンなどのモバイル端末向けページを構築する際にも重要な技術となっているので、ぜひ使いこなせるようにしておきたいものです。
ネットショップなどを構築する機会があるなら、サーバーサイドの技術についても学ぶようにします。

PerlやPHPといった言語が主に使われているので、プログラミングの知識を学びながら言語についても練習します。
これらのホームページ作成の勉強は、専門学校などに通う以外にもテキストを購入して独学で学ぶことも可能です。

自分で勉強するのが苦手という方は学校へ、通う時間がないという方は独学で習得するとよいでしょう。”